« 【判例時報watch】弁護士会の綱紀委員会の議事録のうち「重要な発言の要旨」に当たる部分が民訴法220条4号ニ所定の「専ら文書の所持者の利用に供するための文書」に該当するとされた事例 | Main | 【判例時報watch】いわゆる在外邦人国民審査権確認裁判 »

【判例時報watch】弁護士であるテレビ番組の出演者において特定の刑事事件の弁護団の弁護活動が懲戒事由に当たるとして上記弁護団を構成する弁護士らについて懲戒請求をするよう視聴者に呼びかけた行為が、不法行為法上違法とはいえないとされた事例

最高裁平成23年7月15日判決・判例時報2135号48頁

竹内行夫裁判官(外交官出身)と千葉勝美裁判官(裁判官出身)の補足意見が淡泊であるのに対して、須藤正彦裁判官(弁護士出身)の補足意見は文章も長く、慎重な思考プロセスをたどることができる。

|

« 【判例時報watch】弁護士会の綱紀委員会の議事録のうち「重要な発言の要旨」に当たる部分が民訴法220条4号ニ所定の「専ら文書の所持者の利用に供するための文書」に該当するとされた事例 | Main | 【判例時報watch】いわゆる在外邦人国民審査権確認裁判 »

その他の法律問題」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/54234014

Listed below are links to weblogs that reference 【判例時報watch】弁護士であるテレビ番組の出演者において特定の刑事事件の弁護団の弁護活動が懲戒事由に当たるとして上記弁護団を構成する弁護士らについて懲戒請求をするよう視聴者に呼びかけた行為が、不法行為法上違法とはいえないとされた事例:

« 【判例時報watch】弁護士会の綱紀委員会の議事録のうち「重要な発言の要旨」に当たる部分が民訴法220条4号ニ所定の「専ら文書の所持者の利用に供するための文書」に該当するとされた事例 | Main | 【判例時報watch】いわゆる在外邦人国民審査権確認裁判 »