« 【判例時報watch】会社から取立委任を受けた約束手形につき商事留置権を主張する銀行が、同会社の再生手続開始後の取立てに係る取立金を銀行取引約定に基づき同会社の債務の弁済に充当することができるとされた事例 | Main

【判例時報watch】損害保険会社が交通事故の被害者の損害賠償請求権を保険代位した場合、被害者とともに消滅時効が進行するとし、加害者の消滅時効の援用の効力が認められた事例

東京地裁平成23年9月20日判決(控訴)・判例時報2138号75頁

平成13年7月20日:本件事故発生
平成17年3月18日:症状固定(消滅時効の起算点と認定)
平成18年10月16日:保険会社Xが被害者Aに対して人身事故障害補償保険金(約75M円)を支払う→被害者Aが有していた損害賠償請求権が保険会社Xに法律上当然に移転
平成19年12月26日:被害者Aが加害者Yを相手に訴訟提起
平成22年6月25日:保険会社X、加害者Yに対して本件訴訟提起(消滅時効が既に成立していた)
平成22年12月27日:AY間で訴訟上の和解成立(約166M円)
平成23年5月17日:加害者Yが保険会社Xに対して消滅時効援用

|

« 【判例時報watch】会社から取立委任を受けた約束手形につき商事留置権を主張する銀行が、同会社の再生手続開始後の取立てに係る取立金を銀行取引約定に基づき同会社の債務の弁済に充当することができるとされた事例 | Main

その他の法律問題」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【判例時報watch】損害保険会社が交通事故の被害者の損害賠償請求権を保険代位した場合、被害者とともに消滅時効が進行するとし、加害者の消滅時効の援用の効力が認められた事例:

« 【判例時報watch】会社から取立委任を受けた約束手形につき商事留置権を主張する銀行が、同会社の再生手続開始後の取立てに係る取立金を銀行取引約定に基づき同会社の債務の弁済に充当することができるとされた事例 | Main