« 中央大学大学院「事業再生と倒産法」シラバス2012 | Main | 【判例時報watch】求償権が破産(再生)債権である場合において、財団(共益)債権である原債権を破産(再生)手続によらないで行使することが認められた事例 »

【判例時報watch】無権利者を委託者とする物の販売委託契約が締結された場合において当該物の所有者が同契約を事後的に追認したとしても、その所有者が同契約に基づく販売代金の引渡請求権を取得することはないと判断された事例

最高裁平成23年10月18日判決・判例時報2134号58頁

判例時報では「当該物の所有者の追認の効果」というタイトルになっているが、これでは結論がわからないので、結論がわかるようなタイトルを考案した。

B=A社の代表取締役
B→(工場を賃貸)→X
X:ブナシメジを生産
B:工場を実力で占拠
A→Y:ブナシメジ販売委託(本件販売委託契約)
A→(ブナシメジ出荷)→Y→第三者に販売して代金受領
X→Y:本件販売委託契約を追認
X→Y:売買代金請求

無権代理行為の追認についての民法116条の類推適用を否定
・契約相手(この場合は受託者)が予期しない者との取引を強制される
・受託者が無権利者(当初の委託者)に対して有していた抗弁を主張することができなくなる

田原睦夫裁判官の補足意見はなし。

|

« 中央大学大学院「事業再生と倒産法」シラバス2012 | Main | 【判例時報watch】求償権が破産(再生)債権である場合において、財団(共益)債権である原債権を破産(再生)手続によらないで行使することが認められた事例 »

その他の法律問題」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【判例時報watch】無権利者を委託者とする物の販売委託契約が締結された場合において当該物の所有者が同契約を事後的に追認したとしても、その所有者が同契約に基づく販売代金の引渡請求権を取得することはないと判断された事例:

« 中央大学大学院「事業再生と倒産法」シラバス2012 | Main | 【判例時報watch】求償権が破産(再生)債権である場合において、財団(共益)債権である原債権を破産(再生)手続によらないで行使することが認められた事例 »