« 【判例時報watch】株式譲渡契約における売主の表明保証違反を理由とする補償金支払義務が否定された事例 | Main | 【判例時報watch】会社から取立委任を受けた約束手形につき商事留置権を主張する銀行が、同会社の再生手続開始後の取立てに係る取立金を銀行取引約定に基づき同会社の債務の弁済に充当することができるとされた事例 »

【判例時報watch】衆議院国土交通委員の議員が、耐震強度が偽装されたマンションについて報じるテレビ番組等において、使用された生コンクリートは納入された会社の製造した粗悪品である等と発言したことにより、会社の信用が毀損されたとする損害賠償請求が認容された事例

横浜地裁平成23年11月24日判決(控訴)・判例時報2137号90頁

・公共性及び目的の公益性→認定(「単なる被告自身の売名を目的としたものであるとは認められない」)
・真実性→否定
・真実であると信じるにつき相当な理由→否定→名誉毀損成立
請求額3500万円に対して550万円認容
謝罪広告の必要性→否定
訴訟費用は9割が原告負担

|

« 【判例時報watch】株式譲渡契約における売主の表明保証違反を理由とする補償金支払義務が否定された事例 | Main | 【判例時報watch】会社から取立委任を受けた約束手形につき商事留置権を主張する銀行が、同会社の再生手続開始後の取立てに係る取立金を銀行取引約定に基づき同会社の債務の弁済に充当することができるとされた事例 »

その他の法律問題」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/54271297

Listed below are links to weblogs that reference 【判例時報watch】衆議院国土交通委員の議員が、耐震強度が偽装されたマンションについて報じるテレビ番組等において、使用された生コンクリートは納入された会社の製造した粗悪品である等と発言したことにより、会社の信用が毀損されたとする損害賠償請求が認容された事例:

« 【判例時報watch】株式譲渡契約における売主の表明保証違反を理由とする補償金支払義務が否定された事例 | Main | 【判例時報watch】会社から取立委任を受けた約束手形につき商事留置権を主張する銀行が、同会社の再生手続開始後の取立てに係る取立金を銀行取引約定に基づき同会社の債務の弁済に充当することができるとされた事例 »