« 警察庁新通達「暴力団排除等のための部外への情報提供について」 | Main | 【判例時報watch】無権利者を委託者とする物の販売委託契約が締結された場合において当該物の所有者が同契約を事後的に追認したとしても、その所有者が同契約に基づく販売代金の引渡請求権を取得することはないと判断された事例 »

中央大学大学院「事業再生と倒産法」シラバス2012

今年度から、中央大学大学院戦略経営研究科で「事業再生と倒産法」の講義を担当しています。
来年度のシラバスができたので(某先生を真似て)ご紹介します。
=====
概要:倒産処理制度(破産・民事再生・会社更生)及び事業再生の各種手法並びに、実際の問題に直面した際にこれらの手続を選択する基準を、倒産事件を取り扱う弁護士の立場から法的に解説する。具体的事例や重要な裁判例をできるだけ紹介する。

科目の目的及び到達目標:倒産処理制度及び事業再生の各種手法並びにこれらを支える法律の基礎概念を理解する(または学生時代に学んだことを思い出す)こと。そしてそのことを通じて、当事者間の利害を適切に調整するための考え方を理解すること。

第1回 近年の倒産法と社会の動き・倒産処理制度の全体像
第2回〜第5回 破産手続
第6回〜第8回 民事再生手続
第9回 会社更生手続
第10回 倒産実体法
第11回〜第15回 各種の事業再生の手法

|

« 警察庁新通達「暴力団排除等のための部外への情報提供について」 | Main | 【判例時報watch】無権利者を委託者とする物の販売委託契約が締結された場合において当該物の所有者が同契約を事後的に追認したとしても、その所有者が同契約に基づく販売代金の引渡請求権を取得することはないと判断された事例 »

事業再生・倒産処理」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中央大学大学院「事業再生と倒産法」シラバス2012:

« 警察庁新通達「暴力団排除等のための部外への情報提供について」 | Main | 【判例時報watch】無権利者を委託者とする物の販売委託契約が締結された場合において当該物の所有者が同契約を事後的に追認したとしても、その所有者が同契約に基づく販売代金の引渡請求権を取得することはないと判断された事例 »