« 執筆・講演の実績(2009年) | Main | 肖像権に基づき出版物の事前差止めが認められた事例 »

東京弁護士会民事介入暴力対策特別委員会編「反社会的勢力リスク管理の実務」(商事法務)

「主幹」ということで関与しました(「編集」よりは働いていないが「執筆」よりは働いた、という感じでしょうか)。
類書にない特色を持った本を送り出すことができたと思います。

(「はしがき」より引用)
・政府指針を作った警察や行政の視点を離れて、政府指針を使いこなすユーザーである企業の目線に立つことを徹底しました。
・暴力団排除の運動論に偏することなく、企業の現場における実現可能性に最大限配慮しました。ベスト・プラクティスだけでなく、ミニマム・プラクティスも示すよう努めました。時間軸の発想を採り入れ、企業にとって当面の課題と将来の課題を区別できるよう努めました。
・反社会的勢力への対応を、企業がこれまで慣れ親しんできたリスク・マネジメントの一環である「反社会的勢力リスク管理体制の整備」と位置づけ、体制整備の手順を具体的に示しました。
主要目次(商事法務のサイトから借用)

1.指針対応の全体像
2.反社会的勢力リスク管理体制整備の手順
  ・なぜ反社リスク管理体制(内部統制システム)かを理解する
  ・基本方針を作り,経営トップが宣言する
  ・反社リスク管理部門を整備する
  ・反社リスク管理部門がまずやるべきこと-リスク評価
  ・規程・マニュアルを整備する
  ・審査体制・情報収集体制を整備する
  ・反社排除条項を導入する
  ・研修・教育を実施する
  ・外部専門機関と連携する
  ・適切な人事考課を実施する
  ・整備した体制が機能しているかを検証する
3.反社会的勢力とは
4.反社会的勢力情報データベースの整備
5.遮断すべき取引とは
6.反社排除条項の導入
7.関係遮断の具体的手法
  ・関係遮断の方法および留意点
  ・法律関係の解消
  ・各契約類型特有の問題
  ・社会的接触の解消

 《資 料》


|

« 執筆・講演の実績(2009年) | Main | 肖像権に基づき出版物の事前差止めが認められた事例 »

ミンボーの鶴」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/46834138

Listed below are links to weblogs that reference 東京弁護士会民事介入暴力対策特別委員会編「反社会的勢力リスク管理の実務」(商事法務):

« 執筆・講演の実績(2009年) | Main | 肖像権に基づき出版物の事前差止めが認められた事例 »