« 新銀行東京展望なき延命(下)提携構想、金融界冷ややか | Main | 法律のひろば4月号特集「暴力団対策の現状と課題」 »

横浜市立大学における内部通報

asahi.com:「通報者の責任追及を」申入書 横浜市大謝礼金問題

記事によると「金銭授受をしていた前医学部長が主任を務める教室の医局員たちが、問題が発覚する端緒となった内部通報者の責任追及を大学側に求める申入書を出していた」とのこと。

横浜市立大学のウェブサイトを開いてみたが、同大学のコンプライアンス委員会が3月にまとめたと報じられている報告書は公表されていない模様。

なお、公益通報者保護法2条本文では「不正の利益を得る目的、他人に損害を加える目的その他の不正の目的」による通報は、公益通報の定義から除外されているところ、この記事では、通報者がそのような目的を持っていたから責任追及せよと言っているとは報じられていない。

もしかしてもしかすると、いわゆる「痛いニュース(ノ∀`)」かもしれない。

|

« 新銀行東京展望なき延命(下)提携構想、金融界冷ややか | Main | 法律のひろば4月号特集「暴力団対策の現状と課題」 »

その他の法律問題」カテゴリの記事

Comments

読売新聞にはこのように出ています。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080401-OYT1T00015.htm

> 読売新聞社が入手した申し入れ書によると、
>研究室の准教授ら11人の連名があり、2月12日付。

Posted by: 酔うぞ | 2008.04.01 15:31

医局、恐ろしきムラ社会ですね。

しかし、いまどき、内部告発者を敵としてしか認識できないようでは、流行に乗り遅れてますね。

やはり、恐ろしい。

Posted by: 中康二 | 2008.04.03 17:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 横浜市立大学における内部通報:

« 新銀行東京展望なき延命(下)提携構想、金融界冷ややか | Main | 法律のひろば4月号特集「暴力団対策の現状と課題」 »