« 大阪・港、市有地に暴力団事務所、地裁が明け渡し命令、「信頼関係裏切った」 | Main | 地域金融にペイオフ発動―金融庁に再び強硬論(霞が関風速計) »

ドイツにおける個人倒産手続等をめぐる倒産法の改正

旬刊商事法務1813号38頁。
ドイツにおいて、個人の免責手続を簡素化する内容の倒産法改正案が8月に閣議決定されたとのこと。
「債務者は6年間の監督期間内に職業につき、または、そのための努力をし、差押禁止財産となっていない給与の一定部分を信託受託者に信託譲渡し、そこから、債権者に弁済を続けるなどの義務を履行していれば、監督期間の経過後に裁判所が免責を決定し、残債については免除される」という。
連邦司法省の案では監督期間は8年とされていたということなので、6年でも簡素化方向であるが、こちらの感覚ではそれでも長いように思われるが・・・

しかし例によっての疑問だが、なぜ筆者が匿名なのかがわからない。

|

« 大阪・港、市有地に暴力団事務所、地裁が明け渡し命令、「信頼関係裏切った」 | Main | 地域金融にペイオフ発動―金融庁に再び強硬論(霞が関風速計) »

事業再生・倒産処理」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/16878733

Listed below are links to weblogs that reference ドイツにおける個人倒産手続等をめぐる倒産法の改正:

« 大阪・港、市有地に暴力団事務所、地裁が明け渡し命令、「信頼関係裏切った」 | Main | 地域金融にペイオフ発動―金融庁に再び強硬論(霞が関風速計) »