« 金融行政の針路/摘めるかリスクの芽(上)危機回避「公的」頼らず | Main | 住吉会トップに賠償命令、組員の留学生射殺・使用者責任認める »

「個人情報保護法の具体的請求権を否定する初の司法判断の意義」

ビジネス法務11月号に執筆の機会をいただいた。
9/21発売予定であり、完成した雑誌は私の手元にも届いていないが、雑誌のサイトで公表されているので、こちらでも公表させていただくことにする。

ビジネス法務 2007年11月号contents

諸先生方のご意見をいただければと思います。

|

« 金融行政の針路/摘めるかリスクの芽(上)危機回避「公的」頼らず | Main | 住吉会トップに賠償命令、組員の留学生射殺・使用者責任認める »

情報ネットワーク法」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/16503098

Listed below are links to weblogs that reference 「個人情報保護法の具体的請求権を否定する初の司法判断の意義」:

« 金融行政の針路/摘めるかリスクの芽(上)危機回避「公的」頼らず | Main | 住吉会トップに賠償命令、組員の留学生射殺・使用者責任認める »