« 「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針(案)」に対する意見の募集結果について | Main | 都内信金など協議会設置、暴力団・犯罪への対処共有 »

強制執行を受けた債務者がその請求債権につき強制執行を行う権利の放棄または不執行の合意があったことを主張して裁判所に強制執行の排除を求める場合には請求異議の訴えによるべきとした事例

最高裁平成18年9月11日決定。判例時報1952号92頁
民集登載予定

執行抗告又は執行異議の方法によることはできないと判断した。判例変更。

(判例時報の記事タイトルを一部変更してあります)

|

« 「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針(案)」に対する意見の募集結果について | Main | 都内信金など協議会設置、暴力団・犯罪への対処共有 »

担保執行法」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 強制執行を受けた債務者がその請求債権につき強制執行を行う権利の放棄または不執行の合意があったことを主張して裁判所に強制執行の排除を求める場合には請求異議の訴えによるべきとした事例:

« 「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針(案)」に対する意見の募集結果について | Main | 都内信金など協議会設置、暴力団・犯罪への対処共有 »