« 「企業法務は長崎市長事件から何を学び、何を実践するか」 | Main | 譲渡担保権者の債権者が被担保債権の弁済期後に目的不動産を差し押さえた場合において設定者が第三者異議の訴えにより強制執行の不許を求めることはできないとされた事例 »

執筆・講演の実績(2007年)

順次追記します。

執筆
「最新・債権管理・回収実務Q&A(143問)」季刊「事業再生と債権管理」(きんざい)116号特集・一部執筆
「企業法務は長崎市長事件から何を学び、何を実践するか」NBL6月1日号
中康二「新版個人情報保護士試験 《完全対策》」(あさ出版)監修
改正貸金業法研究会編「改正賃金業法Q&A」(銀行研修社)一部執筆
「個人情報保護法の具体的請求権を否定する初の司法判断の意義」ビジネス法務(中央経済社)11月号
全国倒産処理弁護士ネットワーク編「破産実務Q&A150問」(きんざい)一部執筆
「動産担保融資事例集」(銀行研修社)一部執筆
倒産・再生再編六法〔2008年版〕―判例・通達・ガイドライン付―(民事法研究会)一部執筆


講演・研修講師等
「組織における危機管理について(個人情報流出事例等を素材に)」3月
「貸金業務取扱主任者研修」3月~(東京・名古屋・大阪)
「事例報告・刑事補償法」11月

※2006年のデータはこちら
※2005年のデータはこちら
※2004年のデータはこちら

|

« 「企業法務は長崎市長事件から何を学び、何を実践するか」 | Main | 譲渡担保権者の債権者が被担保債権の弁済期後に目的不動産を差し押さえた場合において設定者が第三者異議の訴えにより強制執行の不許を求めることはできないとされた事例 »

雑記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/15347378

Listed below are links to weblogs that reference 執筆・講演の実績(2007年):

« 「企業法務は長崎市長事件から何を学び、何を実践するか」 | Main | 譲渡担保権者の債権者が被担保債権の弁済期後に目的不動産を差し押さえた場合において設定者が第三者異議の訴えにより強制執行の不許を求めることはできないとされた事例 »