« 組員の集団観戦お断り、ボクシング界が暴力団追放運動 | Main | 広島市が組員退去求め提訴 条例を基に全国初 »

ジャパネット:元社員に1億円賠償提訴 顧客情報流出で

MSN毎日インタラクティブ:ジャパネット:元社員に1億円賠償提訴 顧客情報流出で
事業者は個人情報の流出により、本人に対しては損害賠償責任を負うべき場合があるが、事業者自身も多額の損害を被ることが通例であるため、他に責任を負うべき者があるのであれば、その者に対して損害賠償を請求することが可能である(場合によっては、損害賠償させることによって事業者の損害を回復する責務が生じることもあるだろう)。

なお、記事によると、まずは民事調停手続が行われていたが、まとまらないので提訴に踏み切ったという。事業者としての手続選択やタイミング(流出が発覚したのは2004年)の点でも参考になる。

※blog「奥村弁護士の見解」より。
奥村弁護士の見解:ジャパネット:元社員に1億円賠償提訴 顧客情報流出で

|

« 組員の集団観戦お断り、ボクシング界が暴力団追放運動 | Main | 広島市が組員退去求め提訴 条例を基に全国初 »

情報ネットワーク法」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/14712997

Listed below are links to weblogs that reference ジャパネット:元社員に1億円賠償提訴 顧客情報流出で:

« 組員の集団観戦お断り、ボクシング界が暴力団追放運動 | Main | 広島市が組員退去求め提訴 条例を基に全国初 »