« 根抵当権の目的不動産に再生債務者と第三者所有の不動産が含まれ、これらが全体としてぱちんこ遊技場として利用されている場合、全不動産について担保権実行の中止命令を発令するのは相当でないとされた事例 | Main | 中台因縁の「光華寮」明け渡し訴訟決着へ 提訴後40年 »

生活福祉資金、貸付金272億円が未回収

asahi.com:生活福祉資金、貸付金272億円が未回収
記事によれば、全社協は、貸付条件について厳しい審査はできないと述べているとのことだが、貸付条件を正式に緩和するならともかく、定められた貸付条件を充足しなくても貸し付けているというのであれば、それは背任ではないか?
貸出後の債権管理についても泣き言ばかりで、胸を張って「やれるだけのことはやった。これ以上の回収は不可能」と言える状態なのかどうか心許ない状況である。

制度の拡充は(予算の都合さえつくのならば)おおいに結構であるが、制度がいかに拡充されたとしても、一般論として、給付金にするよりは、貸付金にしてきちんと回収すれば、同じ予算でより多くの需要者に資金が行き渡ることに変わりはない。その意味では、適切に債権管理を行うことは、一般的納税者のみならず潜在的需要者に対する責務である。また、全部を給付金としない限り、貸付金の回収に努めることは、まじめに返済している制度利用者に対する責務でもある。

債権の回収は貸し付ける側の自由裁量行為のように誤解しているのではなかろうか。貸し付けるという制度が採用された以上、審査と回収は貸し付ける側の責務でもある。

|

« 根抵当権の目的不動産に再生債務者と第三者所有の不動産が含まれ、これらが全体としてぱちんこ遊技場として利用されている場合、全不動産について担保権実行の中止命令を発令するのは相当でないとされた事例 | Main | 中台因縁の「光華寮」明け渡し訴訟決着へ 提訴後40年 »

その他の法律問題」カテゴリの記事

Comments

生活福祉資金について。
埼玉県社会福祉協議会では少なくとも厳しい
審査や貸し付け条件の云々以前の問題です。
生活保護者まで対応しているこの資金制度。
しかし結局は貸し出さないのが絶対の条件の
ようです。埼玉県では「チャンスにあふれ
誰もが夢を持てる 元気チャレンジ 埼玉」
や一人一人の県民が持てる能力を十分に
生かし、それぞれが抱く夢の実現にむけて
チャレンジできる、チャンスにあふれた埼玉
と掲げていますが、嘘のようです。たぶん
ある一定以上の社会的地位や貢献者のみに
ある言葉なのでしょうと判断致します。
このような状況なので貸したお金が返って
こないなんてのは当然でしょう。何なら回収
を任せてもらいそこから貸し出して欲しい位
です。

Posted by: DD | 2007.03.03 at 21:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/13623293

Listed below are links to weblogs that reference 生活福祉資金、貸付金272億円が未回収:

« 根抵当権の目的不動産に再生債務者と第三者所有の不動産が含まれ、これらが全体としてぱちんこ遊技場として利用されている場合、全不動産について担保権実行の中止命令を発令するのは相当でないとされた事例 | Main | 中台因縁の「光華寮」明け渡し訴訟決着へ 提訴後40年 »