« 中台因縁の「光華寮」明け渡し訴訟決着へ 提訴後40年 | Main | 詐欺で暴力団幹部ら2人逮捕-組事務所隠し賃借 »

取立訴訟において差押債権者と第三債務者との間で訴訟上の和解が成立していても、債務者の再生手続開始決定後には、差押債権者は和解による解決金の受領権限を有しないとされた事例

大阪地裁平成17年11月29日判決(確定)。判例時報1945号(12月11日号)72頁。

|

« 中台因縁の「光華寮」明け渡し訴訟決着へ 提訴後40年 | Main | 詐欺で暴力団幹部ら2人逮捕-組事務所隠し賃借 »

担保執行法」カテゴリの記事

事業再生・倒産処理」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 取立訴訟において差押債権者と第三債務者との間で訴訟上の和解が成立していても、債務者の再生手続開始決定後には、差押債権者は和解による解決金の受領権限を有しないとされた事例:

« 中台因縁の「光華寮」明け渡し訴訟決着へ 提訴後40年 | Main | 詐欺で暴力団幹部ら2人逮捕-組事務所隠し賃借 »