« 「倒産・再生再編業務に必要不可欠な待望の判例付き六法」 | Main | 盗難通帳と印鑑による預金の不正払戻しについて、金融機関の払戻担当者に過失があったとして、債権の準占有者に対する弁済としての効力が認められなかった事例 »

浜中善彦「実務重視の教育と教育の基本-梅本吉彦著『民事訴訟法新版』の刊行に寄せて」

NBL837号(7月15日号)11頁。
法曹教育や、梅本「民事訴訟法新版」の書評についての論考であるが、貸出稟議書が自己利用文書に該当するか否かについての記載、すなわち、
「稟議として取り上げるまでの取引先との取引経緯記録等は文字どおり自己利用文書であるが、稟議書は(中略)まったく第三者の目に触れることのない文書としては書かれていないのである」
との、銀行員としての実務経験に基づく指摘は重い。

|

« 「倒産・再生再編業務に必要不可欠な待望の判例付き六法」 | Main | 盗難通帳と印鑑による預金の不正払戻しについて、金融機関の払戻担当者に過失があったとして、債権の準占有者に対する弁済としての効力が認められなかった事例 »

民事訴訟法」カテゴリの記事

Comments

鶴巻先生
あけましておめでとうございます!
本年も鶴巻先生のブログで勉強させて頂きます。

今年は、自然体で業務に取り組もうと思っております。自分のしたいこと・クライアント様のためになると思ったことを丁寧に取り組むことに、集中しするつもりです。

鶴巻先生にもお力をお借りすることも多々あると思いますが、その際は、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

それでは、今年も鶴巻先生、事務所のみなさま、鶴巻先生の関与先様にとって
良きことが数多く降り注ぐ一年となりますように
心をこめて…(*^_^*)

Posted by: kimutax@税金まにあ | 2007.01.03 at 10:13

あけましておめでとうございます。
今年は木村先生を見習って、もう少し更新に力を入れたいと思います。
それでは、今年もよろしくお願いします。

Posted by: つるまき | 2007.01.04 at 22:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/13250052

Listed below are links to weblogs that reference 浜中善彦「実務重視の教育と教育の基本-梅本吉彦著『民事訴訟法新版』の刊行に寄せて」:

« 「倒産・再生再編業務に必要不可欠な待望の判例付き六法」 | Main | 盗難通帳と印鑑による預金の不正払戻しについて、金融機関の払戻担当者に過失があったとして、債権の準占有者に対する弁済としての効力が認められなかった事例 »