« 再生債権者表の届出債権の内容に損害賠償金及び遅延損害金等と記載されている場合に、再生債権確定の訴えにおいて請負代金を請求することは許されないとされた事例/民事再生法107条の受継に伴い、請求の趣旨を給付請求から再生債権確定請求に変更することは訴えの変更に当たるとされた事例 | Main | 古賀政治「融資取引、不動産取引に係るクレーム対応と反社会的勢力」 »

内海順太「預金債権の(仮)差押えと取扱店舗の特定」

金融法務事情1775号(7月5日号)26頁。
現在の実務(特定必要説)を支持する立場を鮮明にした論考。
たしかに、預金保険事故に備えて構築されている名寄せシステムがあるからといって(仮)差押手続で特定不要だとするのは乱暴な議論だといわざるを得ない。

|

« 再生債権者表の届出債権の内容に損害賠償金及び遅延損害金等と記載されている場合に、再生債権確定の訴えにおいて請負代金を請求することは許されないとされた事例/民事再生法107条の受継に伴い、請求の趣旨を給付請求から再生債権確定請求に変更することは訴えの変更に当たるとされた事例 | Main | 古賀政治「融資取引、不動産取引に係るクレーム対応と反社会的勢力」 »

担保執行法」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/11578732

Listed below are links to weblogs that reference 内海順太「預金債権の(仮)差押えと取扱店舗の特定」:

« 再生債権者表の届出債権の内容に損害賠償金及び遅延損害金等と記載されている場合に、再生債権確定の訴えにおいて請負代金を請求することは許されないとされた事例/民事再生法107条の受継に伴い、請求の趣旨を給付請求から再生債権確定請求に変更することは訴えの変更に当たるとされた事例 | Main | 古賀政治「融資取引、不動産取引に係るクレーム対応と反社会的勢力」 »