« 異議申立預託金の返還請求権に対する差押えが競合した場合に、第三債務者が民事執行法156条2項に基づき差押債権を供託しなかったとしても、差押債権者に対して不法行為責任を負わないとされた事例 | Main | 【業務連絡】勤務弁護士募集 »

前訴の確定判決の既判力によって特許権侵害差止請求が棄却された事例/前訴の確定判決と同一特許権に基づき同一の製品の製造販売行為によるその後の損害についての賠償請求が信義則により許されないとされた事例

東京地裁平成17年11月1日判決・判例時報1921号(5月1日号)126頁。

|

« 異議申立預託金の返還請求権に対する差押えが競合した場合に、第三債務者が民事執行法156条2項に基づき差押債権を供託しなかったとしても、差押債権者に対して不法行為責任を負わないとされた事例 | Main | 【業務連絡】勤務弁護士募集 »

民事訴訟法」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 前訴の確定判決の既判力によって特許権侵害差止請求が棄却された事例/前訴の確定判決と同一特許権に基づき同一の製品の製造販売行為によるその後の損害についての賠償請求が信義則により許されないとされた事例:

« 異議申立預託金の返還請求権に対する差押えが競合した場合に、第三債務者が民事執行法156条2項に基づき差押債権を供託しなかったとしても、差押債権者に対して不法行為責任を負わないとされた事例 | Main | 【業務連絡】勤務弁護士募集 »