« 長島・大野・常松法律事務所編「アドバンス新会社法」(商事法務) | Main | 興産信金会長ら背任容疑で逮捕 暴力団不正融資の疑い »

第三債務者は、債権仮差押命令の送達を受ける前に、債務者に対する債務支払のために債務者の指定する銀行口座への振替送金を金融機関に依頼した場合には、右送達後に金融機関による債務者への送金手続がされたとしても、特段の事情がない限り、債務の消滅を仮差押債権者に対抗することができるとされた事例

 東京高裁平成15年10月22日判決。判例時報1914号91頁。
 記事によると上告されたようだが、すでに控訴審判決から2年以上経過している。上告審はどうなったのだろうか。

(事案)
 X(仮差押債権者)→A(債務者)→【退職金債権】→Y(Aの元勤務先)

・平成13年12月26日(水)Yは銀行に振り込み送金依頼
・平成13年12月27日(木)午前11時ころ、債権仮差押決定正本がYに送達される
※なお、この日はYの仕事納め日であった(終業予定時午後0時15分)。
・平成13年12月28日(金)銀行はAに振り込み送金を実施

|

« 長島・大野・常松法律事務所編「アドバンス新会社法」(商事法務) | Main | 興産信金会長ら背任容疑で逮捕 暴力団不正融資の疑い »

担保執行法」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/8916259

Listed below are links to weblogs that reference 第三債務者は、債権仮差押命令の送達を受ける前に、債務者に対する債務支払のために債務者の指定する銀行口座への振替送金を金融機関に依頼した場合には、右送達後に金融機関による債務者への送金手続がされたとしても、特段の事情がない限り、債務の消滅を仮差押債権者に対抗することができるとされた事例:

« 長島・大野・常松法律事務所編「アドバンス新会社法」(商事法務) | Main | 興産信金会長ら背任容疑で逮捕 暴力団不正融資の疑い »