« 信組合併に最大10億円、全信組連が支援策――繰越欠損金解消、基盤強化狙う | Main | 上山浩「システム開発委託契約において留意すべき問題」 »

管理費の滞納のある区分所有建物を競売により買い受けた者が、滞納管理費を管理組合に支払った場合、元の所有者に対して求償することができるとされた事例

東京高裁平成17年3月30日判決。判例時報1915号32頁。

「債務者たる当該区分所有者の債務とその特定承継人の債務とは不真正連帯債務の関係にあるものと解される」
「当該区分所有者と競売による特定承継人相互間の負担関係については、特定承継人の責任は当該区分所有者に比して二次的、補完的なものにすぎないから、当該区分所有者がこれを全部負担すべきものであり、特定承継人には負担部分がないものと解するのが相当である」

|

« 信組合併に最大10億円、全信組連が支援策――繰越欠損金解消、基盤強化狙う | Main | 上山浩「システム開発委託契約において留意すべき問題」 »

担保執行法」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/9115398

Listed below are links to weblogs that reference 管理費の滞納のある区分所有建物を競売により買い受けた者が、滞納管理費を管理組合に支払った場合、元の所有者に対して求償することができるとされた事例:

« 信組合併に最大10億円、全信組連が支援策――繰越欠損金解消、基盤強化狙う | Main | 上山浩「システム開発委託契約において留意すべき問題」 »