« 旧五菱会ヤミ金融の押収金、国税局差し押さえ、被害者救済影響も | Main | 2005年の個人情報保護関連10大ニュース »

「法務省民事局長に聞く民商事法改正の動向」

 あけましておめでとうございます。

 今年初のエントリは金融法務事情1759号(1月5日15日合併号)1頁。
 なんと金融法務事情が横書きになった。
 記事のうち、今後の立法課題をメモ。

1)国際私法現代化
 平成17年夏に法制審議会答申済み
 平成18年通常国会に提出予定

2)信託法現代化
 法制審議会部会審議中
 平成18年通常国会に提出予定

3)公益法人法制の抜本的改革
 平成18年通常国会に提出予定

4)電子債権
 平成17年12月に法務省の研究会が報告書「電子債権に関する私法上の論点整理」を発表
 近いうちに法制審議会に諮問か

5)商法改正
 会社法施行後の商法は現在次の3編で構成される。
 保険法については本格的な見直しを検討。

第一編 総則(1条~32条)(33条から500条は削除)
第二編 商行為(501条~683条)
 第一章 総則(501条~522条)(533条は削除)
 第二章 売買(524条~528条)
 第三章 交互計算(529条~534条)
 第四章 匿名組合(535条~542条)
※ここまで現代語(ひらがな)化。以下はカタカナのまま。
 第五章 仲立営業(543条~550条)
 第六章 問屋営業(551条~558条)
 第七章 運送取扱営業(559条~568条)
 第八章 運送営業(569条~592条)
 第九章 寄託(593条~628条)
 第十章 保険(629条~683条)
第三編 海商(684条~851条)

6)競売制度の改善検討
 例の民間開放というやつか。

7)非訟事件手続法
 会社法切り出し後の全面的見直し

8)1980年国連国際物品販売条約への加入検討

9)民法財産法編のうち債権法についての抜本的見直し

10)国際裁判管轄規定の検討

11)包括担保法制の検討

|

« 旧五菱会ヤミ金融の押収金、国税局差し押さえ、被害者救済影響も | Main | 2005年の個人情報保護関連10大ニュース »

その他の法律問題」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「法務省民事局長に聞く民商事法改正の動向」:

« 旧五菱会ヤミ金融の押収金、国税局差し押さえ、被害者救済影響も | Main | 2005年の個人情報保護関連10大ニュース »