« 「新会社法のポイントと実務への影響」(6) | Main | 六法あれこれ »

村越一浩「法定刑・法改正と量刑」

 判例タイムズ1189号27頁。たまには専門外の分野の記事も。
 従来、有期懲役の法定刑の上限は15年(刑法12条)/処断刑の上限は20年(刑法14条)であったが、この、いわば「15年/20年ルール」は、明治40年に刑法が全面的に改正された際に規定されてから、平成16年改正によりそれぞれ20年/30年に引き上げられるまで長期にわたり改正されていなかった。
 明治40年刑法改正時に15年/20年ルールが提案された際の理由が目を引く。本論文の脚注からの孫引きだが、当時の衆議院議員は、
「20年間拘禁すれば無論無期刑に代わるだけの価値はあるであろう」
「20年間監獄に命を保って居った者は1人もいないと信じております」
と発言したという。15年/20年という一見すると無機的な数字にも、当時の行刑環境(の劣悪さ)や平均余命(の短さ)が反映していたことがわかる。

※このblogは私が個人的に目にとまったことを記す方針なので、この記事に限らず、論文や文献を紹介しても、そのメインテーマについてのコメントがないか、ごく簡単に書くだけであとは余談という場合があります。あしからずご了承下さい。

|

« 「新会社法のポイントと実務への影響」(6) | Main | 六法あれこれ »

その他の法律問題」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 村越一浩「法定刑・法改正と量刑」:

« 「新会社法のポイントと実務への影響」(6) | Main | 六法あれこれ »