« 不動産について被担保債権を共通にする第一順位と第三順位の根抵当権を有する債権者が、両根抵当権に基づいて当該不動産の賃料について物上代位による債権差押えを行い、これを取り立てた後に、当該不動産が担保権実行により競売された場合、賃料を取り立てた債権者は、当該不動産の売却代金の配当手続において「上記賃料の取立ては第三順位の根抵当権に基づいて行ったものである」旨主張することができるか(消極) | Main | 旧五菱会ヤミ金融の押収金、国税局差し押さえ、被害者救済影響も »

2005年法律関係重大ニュース

 わたしが勝手に選んだものです(順不同)。

新破産法施行(1月1日):まだ旧法事件も扱っています。
民法改正(現代語化・保証制度見直し)施行(4月1日):保証契約は書面で。
債権譲渡特例法改正法施行(10月3日)
会社法現代化:7月26日成立。来年5月施行へ。特別清算制度の見直し・会社整理制度の廃止を含む。
個人情報保護法完全施行(4月1日):誤解も多いようで相談が絶えない。
ペイオフ全面解禁(4月1日):順調に移行できたと評価してよいだろう。
刑法改正(強制執行妨害目的財産損壊等など)まだ継続審議。
有限責任事業組合契約に関する法律成立・施行(8月1日):法律事務所には適用できないらしい。
改正民事執行法施行(4月1日):最低売却価額→売却基準価額へ
改正刑法施行(1月1日):量刑の見直し。

番外:弁護士鶴巻暁lawblogなんとか続いています。リニューアルしたいなあ。

|

« 不動産について被担保債権を共通にする第一順位と第三順位の根抵当権を有する債権者が、両根抵当権に基づいて当該不動産の賃料について物上代位による債権差押えを行い、これを取り立てた後に、当該不動産が担保権実行により競売された場合、賃料を取り立てた債権者は、当該不動産の売却代金の配当手続において「上記賃料の取立ては第三順位の根抵当権に基づいて行ったものである」旨主張することができるか(消極) | Main | 旧五菱会ヤミ金融の押収金、国税局差し押さえ、被害者救済影響も »

その他の法律問題」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2005年法律関係重大ニュース:

« 不動産について被担保債権を共通にする第一順位と第三順位の根抵当権を有する債権者が、両根抵当権に基づいて当該不動産の賃料について物上代位による債権差押えを行い、これを取り立てた後に、当該不動産が担保権実行により競売された場合、賃料を取り立てた債権者は、当該不動産の売却代金の配当手続において「上記賃料の取立ては第三順位の根抵当権に基づいて行ったものである」旨主張することができるか(消極) | Main | 旧五菱会ヤミ金融の押収金、国税局差し押さえ、被害者救済影響も »