« 杉浦正典「東京地裁保全部における仮差押命令申立事件の運用の変更点」(上) | Main | eショップ・通信販売調査――顧客情報管理まだ不十分、「社員教育済み」64%。 »

GM再建「期限は2年」――金融子会社売却、債券市場、厳しい目

 日経金融新聞10月19日・藤田和明記者。

 ゼネラル・モーターズ(GM)が経営再建策として金融子会社GMACの「身売り」計画を打ち出した。記事にも「ドル箱の金融事業の放出は「もろ刃の剣」でもある」とあるが、そのとおりだと思う。一方、優良子会社を引き受ける新スポンサー側にとっても、親会社との資本関係が切れることに伴う影響を的確に予測して企業価値を算定することは容易ではない。

|

« 杉浦正典「東京地裁保全部における仮差押命令申立事件の運用の変更点」(上) | Main | eショップ・通信販売調査――顧客情報管理まだ不十分、「社員教育済み」64%。 »

事業再生・倒産処理」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/6479611

Listed below are links to weblogs that reference GM再建「期限は2年」――金融子会社売却、債券市場、厳しい目:

» 米国GM(ゼネラルモーターズ)危機的状況 [taki-log@たきもと事務所]
 アメリカを代表する自動車メーカー、GM(ゼネラルモーターズ)が危機的な状況にな [Read More]

Tracked on 2005.10.23 at 14:18

« 杉浦正典「東京地裁保全部における仮差押命令申立事件の運用の変更点」(上) | Main | eショップ・通信販売調査――顧客情報管理まだ不十分、「社員教育済み」64%。 »