« 賃貸人が、賃借人の賃料不払を理由に建物賃貸借契約を解除した後に、建物の鍵を交換したことについて、違法な自力救済として不法行為が成立するとした上、賃借人に損害が生じたとはいえないとして、賃借人の損害賠償請求が棄却された事例 | Main | 対談「預金は、定額保護が本来の姿」 »

具体的事例に基づく民事介入暴力事案(組事務所排除)に対する法的対応の検討

 卒業間近の司法修習生を相手に、司法研修所で民事介入暴力事件の講義。昨年に引き続き2回目。
 二回試験も終わっているので消化試合のように対応されるかと思ったが、さにあらず。昨年と同様、熱心な受講態度の真剣勝負となった。
 昨年は、用意していたものを吐き出すのでイッパイイッパイだったという反省から、今年は、用意したものに縛られず、自分なりに強弱をつけて講義をしようと決めていて、その課題はある程度できたつもりだが、別の反省点が。。なかなか思い通りには行かない。

|

« 賃貸人が、賃借人の賃料不払を理由に建物賃貸借契約を解除した後に、建物の鍵を交換したことについて、違法な自力救済として不法行為が成立するとした上、賃借人に損害が生じたとはいえないとして、賃借人の損害賠償請求が棄却された事例 | Main | 対談「預金は、定額保護が本来の姿」 »

ミンボーの鶴」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/6226832

Listed below are links to weblogs that reference 具体的事例に基づく民事介入暴力事案(組事務所排除)に対する法的対応の検討:

« 賃貸人が、賃借人の賃料不払を理由に建物賃貸借契約を解除した後に、建物の鍵を交換したことについて、違法な自力救済として不法行為が成立するとした上、賃借人に損害が生じたとはいえないとして、賃借人の損害賠償請求が棄却された事例 | Main | 対談「預金は、定額保護が本来の姿」 »