« 「新会社法のポイントと実務への影響」(3) | Main | 競売土地・建物の買受人において、建物の一部が件外土地にはみ出して存立していて、件外土地の所有権を取得したという第三者が競売建物の所有者に対して建物収去土地明渡請求訴訟を提起していることが民事執行法75条1項にいう「損傷」に当たるとして、売却許可決定の取消しを申し立てた場合に、当該第三者が執行妨害を企図したものにほかならないとして、買受人の申立てが却下された事例 »

進士肇ほか「コンパクト要点解説・わかりやすい新会社法Q&A」(きんざい)

 まさにコンパクト。困ったときに目的のページに速やかにたどりつき、最低限の知識を得たり、自分の理解が間違っていないこと(間違っていたこと)を確認するのに最適である。
 また、これは持論だが、弁護士にとっては、弁護士の書いた本が読みやすい。弁護士が一般的に読みやすい文章を書くというのではなく、自分と似た問題意識で書くから自分にとって読みやすいということである。

|

« 「新会社法のポイントと実務への影響」(3) | Main | 競売土地・建物の買受人において、建物の一部が件外土地にはみ出して存立していて、件外土地の所有権を取得したという第三者が競売建物の所有者に対して建物収去土地明渡請求訴訟を提起していることが民事執行法75条1項にいう「損傷」に当たるとして、売却許可決定の取消しを申し立てた場合に、当該第三者が執行妨害を企図したものにほかならないとして、買受人の申立てが却下された事例 »

会社法」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/5728589

Listed below are links to weblogs that reference 進士肇ほか「コンパクト要点解説・わかりやすい新会社法Q&A」(きんざい):

« 「新会社法のポイントと実務への影響」(3) | Main | 競売土地・建物の買受人において、建物の一部が件外土地にはみ出して存立していて、件外土地の所有権を取得したという第三者が競売建物の所有者に対して建物収去土地明渡請求訴訟を提起していることが民事執行法75条1項にいう「損傷」に当たるとして、売却許可決定の取消しを申し立てた場合に、当該第三者が執行妨害を企図したものにほかならないとして、買受人の申立てが却下された事例 »