« 不動産競売事件について二重開始決定がされている場合、先行事件を基準とすれば無剰余であっても、後行事件を基準とすれば剰余があるときには、先行事件の競売開始決定を取り消すことはできないとされた事例 | Main | [倒産・相殺]建物更生共済契約消滅による返戻金の請求に対して,破産免責の対象となった貸金債権を自働債権とする相殺を認めた事例 »

事故や災害の際に飲み会や旅行を中止させること(続)

 イブニング15号「ヤング島耕作」38話がこの問題を取り扱っている。
 事故にもかかわらずゴルフコンペを続行したため降格された上司は「コンペを中止しなかったことは、その時点の判断としてはやむを得なかった」という趣旨を述べており、作者のメッセージがかいま見える。
 非難すればいいというものでないという点では賛成できる。しかし、危機管理の考え方からは、必要な情報が責任者に伝わらなかったことのほうが重大な問題であるといえよう。結論が同じだったから良しとしてすむ話ではない。
 また、2人死亡ならコンペを中止する必要はなかったと仮定して、それでは、どのレベル以上になったらコンペを中止するのか。その点について議論がなされなければ、将来また同じことになってしまう。

(参考)事故や災害の際に飲み会や旅行を中止させること

|

« 不動産競売事件について二重開始決定がされている場合、先行事件を基準とすれば無剰余であっても、後行事件を基準とすれば剰余があるときには、先行事件の競売開始決定を取り消すことはできないとされた事例 | Main | [倒産・相殺]建物更生共済契約消滅による返戻金の請求に対して,破産免責の対象となった貸金債権を自働債権とする相殺を認めた事例 »

その他の法律問題」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 事故や災害の際に飲み会や旅行を中止させること(続):

« 不動産競売事件について二重開始決定がされている場合、先行事件を基準とすれば無剰余であっても、後行事件を基準とすれば剰余があるときには、先行事件の競売開始決定を取り消すことはできないとされた事例 | Main | [倒産・相殺]建物更生共済契約消滅による返戻金の請求に対して,破産免責の対象となった貸金債権を自働債権とする相殺を認めた事例 »