« コンプライアンスとは何か | Main | 相澤哲「一問一答 新・会社法」(商事法務) »

高橋清一「民暴対策における使用者責任法理の進展」

 事業再生と債権管理109号150頁。サブタイトルは「暴力団抗争による被害者救済に対する最高裁判決等、民暴対策法理の進展・動向に注目を」。
ticket 先日もらった傍聴券の写真をアップしておく。


ticket-21 服装をととのえること
2 静かにし審理のさまたげになるようなことをしないこと
3 新聞や本を読むなど不体裁な行いをしないこと
4 裁判長の許可を受けないで録音をとつたり、写真をうつしたりなどしないこと
5 開廷中はみだりに自分の席をはなれないこと
6 証人、鑑定人などが宣誓するときは起立すること
7 大きな荷物、危険な物、写真機、録音機、その他審理のさまたげになるような物を持ちこまないこと
8 その他裁判長の命令に従い、又は裁判長の命を受けた裁判所職員の指示に従うこと

 上記の各項に違反した者は退廷を命ぜられ、又は処罰されることがあります
※傍聴券の裏面に記載してある内容。初めて見た。

|

« コンプライアンスとは何か | Main | 相澤哲「一問一答 新・会社法」(商事法務) »

ミンボーの鶴」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/5040384

Listed below are links to weblogs that reference 高橋清一「民暴対策における使用者責任法理の進展」:

« コンプライアンスとは何か | Main | 相澤哲「一問一答 新・会社法」(商事法務) »