« 個人情報流出対応にみる実践的リスクマネジメント(3) | Main | それは個人情報保護法の問題か? »

破産債権者が破産宣告の時において期限付又は停止条件付であり破産宣告後に期限が到来し又は停止条件が成就した債務に対応する債権を受働債権とし破産債権を自働債権として相殺をすることの可否

 最高裁平成17年1月17日判決・判例時報1888号86頁。
 「Q&A倒産手続における相殺の実務」を出版したばかりなので「倒産」「相殺」の裁判例の記事には自然と目が行く。「どれどれ新判決か」と思って読んでみたところ、ちゃんと本書にも収録されている。

|

« 個人情報流出対応にみる実践的リスクマネジメント(3) | Main | それは個人情報保護法の問題か? »

事業再生・倒産処理」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/4387326

Listed below are links to weblogs that reference 破産債権者が破産宣告の時において期限付又は停止条件付であり破産宣告後に期限が到来し又は停止条件が成就した債務に対応する債権を受働債権とし破産債権を自働債権として相殺をすることの可否:

» あきんどドクター [お金を生み出す@風俗的!総合研究所]
昨夜は都内某所のお寿司屋さんでT大のドクターと会合。 知り合いを通じて初めてお会いしたのですが、この方、いわゆるドクターらしくないドクター。 ついつい終電ぎりぎりまで話は盛り上がりました。 【主な会話内容】 ・看護士の求人・転職事情 ・学習意欲旺盛な... [Read More]

Tracked on 2005.06.03 at 06:05

« 個人情報流出対応にみる実践的リスクマネジメント(3) | Main | それは個人情報保護法の問題か? »