« February 2005 | Main | April 2005 »

浦野雄幸編「基本法コンメンタール第5版/民事執行法」(日本評論社)

 会社法も同じだが、民事執行法も改正のスピードについて行ける注釈本がなかなかない。
 そんなときに平成15年改正法対応の本書が刊行された(3月10日発売)。すでに平成16年改正法もあり、破産法も不動産登記法も民法も改正されているところ、十分には対応していないようであるが、むしろ同情すべきであろう。買ったそばから次回改訂を期待するということになるが、それでも買わないわけにはいかない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「取引債権者にとっての債権回収テクニック・不当要求の手口と対策」

 講演の機会をいただきました。ご静聴ありがとうございました。
 3時間しゃべりつづけると真っ白な灰になりますな。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本執行官連盟「新民事執行実務」3号

 3月といえば、日本執行官連盟が年に1回出版する「新民事執行実務」が発行される月である。
 どの記事も興味深いが、今回は、あるレポートの締め切りが過ぎている(すみません>関係者各位)ので、明渡しの催告の制度化について書かれてある部分を拾い読み。
 何の説明もなく「新明引制度について」という小見出しがついているが、何と読むか?
(答えは後日)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マイレーザーポインタ

 講演資料はパワーポイントで作成するのですが、会場によってはレーザーポインタがあったりなかったりするので、この際、自分のやつを購入してしまいました。会場入りして係員から「レーザーポインタはこちらでございます」なんて説明を受けたときに「いえ、自分のがありますんで」と取り出すとたいてい笑われます。おかしいですかね?

 サクラクレパス製品情報:レーザーポインタRX-5

 「消費者生活用製品安全法適合商品」だそうですが、そんな法律があるとは知らなかったので調べてみたところ「消費者生活用製品安全法」ではなく「消費生活用製品安全法」のようです。
 その法律の施行令別表第1にある「携帯用レーザー応用装置(レーザー光(可視光線に限る。)を外部に照射して文字又は図形を表示することを目的として設計したものに限る。)」に該当するようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

反省会

 某パネルディスカッションの反省会に参加した。
 配布されたアンケートの集計結果におそるおそる目を通す。
 「適切な内容だった」「たいへん勉強になった」との意見に混じって「やや早口で聞き取りにくい」との意見(予想どおり。耳が痛い)。「1人で説明すればよかった」との意見がある一方で「講義式よりよい」との意見もある(どちらがいいんだろう?)。「時間が長すぎる」との意見(たしかに)。
 アンケートにご協力いただきありがとうございます。こうして反省会をきちんとやるイベントもあれば、アンケートを集めていても講師のところまで結果が上がってこないイベントもあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「M&Aの際に『本人の同意』は必要か」

 旬刊経理情報(中央経済社)4月1日号21頁に原稿を書かせていただきました。
 本稿は、文中にある内閣府の見解等、現時点までの情報を踏まえて筆者の意見を整理したものであり、過去に発表した筆者の意見と相違する内容も含まれていますが、相違点については筆者の意見を修正する趣旨です・・・と注記したかったのですが紙幅の関係でボツになったので、ここに書いておきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大塚和成ほか「決定版企業コンプライアンス態勢のすべて」(きんざい)

 コンプライアンスの訳語は「法令遵守」だが、単に法令を守ると宣言すれば終わりというものでもないし、法令の求める水準よりも厳しめにやっておけばとりあえず安心、というものでもない。
 実務に即して企業コンプライアンスを考えるにあたっては、本書はたいへん参考になる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

住吉会会長を提訴「上部団体にも責任」韓国人射殺で遺族

 朝日新聞:住吉会会長を提訴「上部団体にも責任」韓国人射殺で遺族
 私も原告代理人団に名を連ねています。精神的支援しかできていませんが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »