« コンビニ店舗内に設置の防犯ビデオで店内の行動を撮影され、このビデオテープを警察に提供され、プライバシー等が侵害されたとして求めた損害賠償が棄却された事例 | Main | 講演「完全施行直前/個人情報保護法のポイント」 »

鬼澤友直ほか「発信者情報の開示を命じる仮処分の可否」

 判例タイムズ1164号(1月15日号)4頁。
 タイトルにある「仮処分の可否」にとどまらず、要件について具体的に言及されていて参考になる。
 また「サーバ管理者が発信者の住所氏名を把握しておらず、経由プロバイダに対する発信者情報開示請求を経なければ発信者を特定できない場合」における「サーバ管理者に対する、IPアドレス及びタイムスタンプの開示を命ずる仮処分」を認めるべき理由についても詳細に言及されている。

|

« コンビニ店舗内に設置の防犯ビデオで店内の行動を撮影され、このビデオテープを警察に提供され、プライバシー等が侵害されたとして求めた損害賠償が棄却された事例 | Main | 講演「完全施行直前/個人情報保護法のポイント」 »

情報ネットワーク法」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/2557716

Listed below are links to weblogs that reference 鬼澤友直ほか「発信者情報の開示を命じる仮処分の可否」:

« コンビニ店舗内に設置の防犯ビデオで店内の行動を撮影され、このビデオテープを警察に提供され、プライバシー等が侵害されたとして求めた損害賠償が棄却された事例 | Main | 講演「完全施行直前/個人情報保護法のポイント」 »