« 株主資格の確認方法 | Main | 株主以外の代理人の来場 »

2004年法律関係重大ニュース

 もちろん、わたしが勝手に選んだものです(順不同)。
 これだけ立て続けに大型立法がなされること自体が最大のニュースかも。

改正担保執行法:4月1日施行
暴力団対策法改正(組長責任立法化):4月28日公布・施行
新破産法:6月2日公布・平成17年1月1日施行
停止条件付き債権譲渡の否認:7月16日最高裁判決
特別清算等見直し:11月26日要綱案決定・平成17年3月に法案提出?
民法改正(現代語化・保証制度見直し):12月1日公布・6か月以内に施行
債権譲渡特例法改正法:12月1日公布・1年以内に施行
会社法現代化:12月8日要綱案決定・平成17年3月に法案提出?
個人情報保護法:ガイドライン続々公表・平成17年4月1日完全施行
ペイオフ全面解禁近づく:平成17年4月1日
刑法改正(強制執行妨害目的財産損壊等など)継続審議

番外:弁護士鶴巻暁lawblog開始:手前ミソですみません。

|

« 株主資格の確認方法 | Main | 株主以外の代理人の来場 »

雑記」カテゴリの記事

Comments

香港では、黒社会(やくざ)自体が違法で、その構成員であると証明されれば、その事だけで逮捕できるようです。

日本も生ぬるい事をしないで、やくざ組織自体を違法化する事はできないのでしょうか?(人権の問題あり?)

そうすれば、組員は全員タイホできますよね。

Posted by: bobby | 2005.01.06 at 19:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/2402652

Listed below are links to weblogs that reference 2004年法律関係重大ニュース:

« 株主資格の確認方法 | Main | 株主以外の代理人の来場 »