« 「金融分野における個人情報保護に関するガイドライン【要綱】」 | Main | 共同利用者の範囲を単に「〇〇グループ」と記載するのみではNG »

共同利用か本人同意か

 宇賀克也「個人情報保護法の逐条解説」111頁では「金融機関間で延滞情報を交換する場合」に「第三者提供に該当するとして、本人同意を得ることを義務づけると、同意を得る手続が煩雑にな」るとして、共同利用(法23条4項3号)の説明をしている。
 一方、浅井弘章「個人情報保護法と金融実務/第3回貸付・審査業務上の留意点」(金融法務事情1714号123頁)では「銀行等が個人信用情報センターに対し契約内容を登録すること」は第三者提供(法23条)に該当するが「銀行による提供に先立ち、貸付申込書・貸付契約書において本人の同意を得ているから、これらの個人データの授受は、同条1項柱書に違反しないと考えられる」としている。
(両記述が想定している場面が完全に同一であるかどうかははっきりしないが)
 共同利用と本人同意のいずれの方式により同条違反を回避するかは選択の問題であろう。共同利用の要件が煩雑であると考えるか、本人同意が煩雑であると考えるか。

|

« 「金融分野における個人情報保護に関するガイドライン【要綱】」 | Main | 共同利用者の範囲を単に「〇〇グループ」と記載するのみではNG »

情報ネットワーク法」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/1392020

Listed below are links to weblogs that reference 共同利用か本人同意か:

« 「金融分野における個人情報保護に関するガイドライン【要綱】」 | Main | 共同利用者の範囲を単に「〇〇グループ」と記載するのみではNG »