« 森下忠「ある刑法学者の八十年」 | Main | 検索ワードランキング:9月13日~9月19日 »

中島博行・カワラニサイ「ホカベン」(講談社)

 「イブニング」連載中のマンガ。以下のチェックポイント(完全に個人的趣味の世界だが)をクリアしているのは原作者が現役弁護士(ただし筆名)だからであろう。「仕事で弁護士をやっているのにオフタイムまで弁護士モノを読みたくない」という有力かつ傾聴に値する見解もあるが、私はついつい読んでしまうほうである。

1)登場人物の善玉悪玉が決まり切っているのはつまらない。とくに主人公の弁護士が「天才かつ正義の味方」みたいなのはなんとも。。。
2)弁護士が刑事事件ばかり扱っているのはつまらない。そういう弁護士はほとんどいない。
3)いま問題になっているその1件しか扱っていないような描写はつまらない。常に複数の(多数の)案件が平行しているのが現実。

|

« 森下忠「ある刑法学者の八十年」 | Main | 検索ワードランキング:9月13日~9月19日 »

雑記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/1506999

Listed below are links to weblogs that reference 中島博行・カワラニサイ「ホカベン」(講談社):

« 森下忠「ある刑法学者の八十年」 | Main | 検索ワードランキング:9月13日~9月19日 »