« 「特別清算等の見直しに関する要綱試案」に関する意見募集 | Main | 行政対象暴力問題研究会「行政対象暴力Q&A」(ぎょうせい) »

停止条件付き債権譲渡はアウト

 最高裁平成16年7月16日判決

「債務者の支払停止等を停止条件とする債権譲渡契約は,その契約締結行為自体は危機時期前に行われるものであるが,契約当事者は,その契約に基づく債権譲渡の効力の発生を債務者の支払停止等の危機時期の到来にかからしめ,これを停止条件とすることにより,危機時期に至るまで債務者の責任財産に属していた債権を債務者の危機時期が到来するや直ちに当該債権者に帰属させることによって,これを責任財産から逸出させることをあらかじめ意図し,これを目的として,当該契約を締結しているものである。
 上記契約の内容,その目的等にかんがみると,上記契約は,破産法72条2号の規定の趣旨に反し,その実効性を失わせるものであって,その契約内容を実質的にみれば,上記契約に係る債権譲渡は,債務者に支払停止等の危機時期が到来した後に行われた債権譲渡と同視すべきものであり,上記規定に基づく否認権行使の対象となると解するのが相当である」

だそうです。勉強しなきゃいけない問題が続々発生します。

|

« 「特別清算等の見直しに関する要綱試案」に関する意見募集 | Main | 行政対象暴力問題研究会「行政対象暴力Q&A」(ぎょうせい) »

事業再生・倒産処理」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/1075504

Listed below are links to weblogs that reference 停止条件付き債権譲渡はアウト:

« 「特別清算等の見直しに関する要綱試案」に関する意見募集 | Main | 行政対象暴力問題研究会「行政対象暴力Q&A」(ぎょうせい) »