« 会社更生法上の弁済禁止の保全処分の発令を受けた更生会社が振り出した約束手形の支払に応じた銀行が、支払を受けた手形所持人に対し、不当利得の返還を請求することの可否(積極) | Main | 新破産法と管財人実務 »

加々美博久ほか「破産に移行した場合の民事再生手続」

 事業再生と債権管理105号(2004年夏号)175頁。
 現在、民事再生手続廃止決定+保全管理命令が発令された案件で、保全管理人代理を担当している。
 本稿では、再生債務者に対して債権を有していない金融機関まで預金を凍結したため、保全管理人として資金を確保するのに苦労したとのことであるが、私たちが担当した案件ではそのような混乱は生じなかった。倒産処理手続に対する理解が進んだということだろうか。

|

« 会社更生法上の弁済禁止の保全処分の発令を受けた更生会社が振り出した約束手形の支払に応じた銀行が、支払を受けた手形所持人に対し、不当利得の返還を請求することの可否(積極) | Main | 新破産法と管財人実務 »

事業再生・倒産処理」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/1013938

Listed below are links to weblogs that reference 加々美博久ほか「破産に移行した場合の民事再生手続」:

« 会社更生法上の弁済禁止の保全処分の発令を受けた更生会社が振り出した約束手形の支払に応じた銀行が、支払を受けた手形所持人に対し、不当利得の返還を請求することの可否(積極) | Main | 新破産法と管財人実務 »