« 株主総会、じっくり議論を | Main | 総会で不祥事暴露と脅迫、現金を要求--容疑で株主の男逮捕 /神戸 »

株主総会、じっくり議論を(2)

 株主総会ネタ続きで恐縮だが、いつか適切なタイミングでトラックバックしようと思っていたlaw maniacからトラックバックを先にいただいてしまった(ありがとうございます)ので、総会ネタを続ける。同blogの記事には、

「「脱シャンシャン総会」の傾向が強くなっているとはいっても、上場会社の総会所要時間は「1時間を切るのが大半」だと知っているからです」

とあるが、実際そのとおりである。ニッポンの一般的な会議と同じく、多くの会社の株主総会においても質疑はそれほど活発ではない。議長が「質問やご意見はございませんでしょうか」と数回にわたり議場に呼びかけてもリアクションが乏しいのが実際のところだ。
 総会担当弁護士の立場としては「株主のスルドイ質問に対して経営陣も的確に回答して、商法が予定する充実した議論を実現したい」という職業上の使命感(?)のためか、事務局席から議場に向けて「誰かいい質問をしてくれないかなあ」と期待の「念」を送っている。しかし実際には、law maniacでも指摘しているように、ようやく出てきた質問も、テーマがよくわからなかったり、総会で取り扱うことが適切でないことが少なくないのも事実であり、それらへの対応を担う会社側(とくに総会担当者)の苦労はたいへんなものである。
 だからこそ、2~3時間にわたる議論を尽くし、適法に議事を取りまとめた会社には、総会に参加した善良な株主にも経営陣にも「お疲れさま」といいたい。なお、担当弁護士にとっての総会終了は「決議取消・不存在・無効確認訴訟が提起されないこと」であり、閉会宣言後もしばらくは緊張が続く(場合もある)。

|

« 株主総会、じっくり議論を | Main | 総会で不祥事暴露と脅迫、現金を要求--容疑で株主の男逮捕 /神戸 »

会社法」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/834949

Listed below are links to weblogs that reference 株主総会、じっくり議論を(2):

» 総会の議論を充実させるために - もっと情報開示を [Law Maniac]
 lowblog の 鶴巻先生、トラックバックありがとうございました。  blog、いつも大変興味深く拝読しております。  続編の "株主総会、じっくり... [Read More]

Tracked on 2004.06.26 at 19:29

« 株主総会、じっくり議論を | Main | 総会で不祥事暴露と脅迫、現金を要求--容疑で株主の男逮捕 /神戸 »