« 「民事再生手続き、4割が再建失敗」? | Main | 議論メモ/特別清算についての検討課題(2) »

宮谷隆「株主総会の準備事務と議事運営」[第5版](中央経済社)

 「株主総会想定問答集」と並ぶこの分野の必読書。
 久保利英明ほか「株主総会のすべて」[新訂第1版](商事法務)とどちらをタイトルにするか迷ったが「改訂時期が新しいほうがエライ」「改訂した回数が多いほうがエライ」という形式的基準に従うことにした(内容はどちらも重要)。
 これら2冊は、いわゆる一括上程・一括審議方式のバイブルである。
 長い歴史の中でなじんだ個別審議方式を改める気にならない会社にまで押しつけるつもりはないが、どちらかを自由に選べるなら一括上程・一括審議方式がおすすめである(理由は本書へ)。
 他方、総会開催日についての主張ははっきりしない。一般株主を重視する姿勢が重要であることは当然であるが、会社の実情に応じて集中日でもそれ以外の日でも自由に選択すればよいのではないか。

|

« 「民事再生手続き、4割が再建失敗」? | Main | 議論メモ/特別清算についての検討課題(2) »

会社法」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11972/369101

Listed below are links to weblogs that reference 宮谷隆「株主総会の準備事務と議事運営」[第5版](中央経済社):

« 「民事再生手続き、4割が再建失敗」? | Main | 議論メモ/特別清算についての検討課題(2) »